営業職であれ支援職であれ、全のコミュニケーションは”好かれる”ことから始まる。

アプワードビズコンサルツロゴ

良い第一印象を与えるにはリラックスした表情なことが大事

仕事をしている中でいつの間にか緊張してしまっている時がある。大事な商談の前ならそうなるだろうし、重い荷物を持っているだけでもそうなる。その時、特に顔が緊張のため強張っていると第一印象が悪くなってしまう。 良好な人間関係を築く第一歩としてリラックスした表情で相手を向い入れることである。リラックスした表情になるためには相手に会う前に顔のストレッチを行い顔の強張りを解しておくべきだ。

顔のストレッチと言っても特別なことをするわけではない。大きく口を開けたり、目を見開いたりぎゅっと閉じたりしながら大きく顔の筋肉を動かすことで強張りを解すことである。 ただ、顔のストレッチは人と会う前に行うと効果的であるが、他の人から見るとただ、色々と変顔をしているだけに見えるので、人前で行うのは恥ずかしい。意外と穴場なのは、電車のつり革を持って窓の方を見ているときである。後ろや横の人からは見えないし、前に座っている人はスマホを見るなど下を向いていることが多いので顔のストレッチをしても見られることはない(ただし夜や地下鉄の場合は窓に顔が写るのでNG)。

顔の各部位のストレッチ

耳のストレッチ

親指と人差し指で耳を軽くつまみ、上下横にそれぞれ引っ張ったり、耳を軽く横に引っ張りながらゆっくりと回す。その他に縦に押し潰したり餃子をつくったりしながら耳を大きく動かす。この時、耳だけでなく耳の周りの筋肉も一緒に動かすとストレッチの効果が高い。
また、耳は全身の縮図といわれており、全身の臓器に対応するつぼがたくさんあるので、耳たぶを上から下までゆっくりと揉むのも良い。 耳が緩むだけで体全体の緊張が緩むので、時間のないときは耳のストレッチをするだけでもリラックスした表情になるには十分に効果がある。

目のストレッチ

遠くを見たり、近くを見たり、目を大きくぐるぐると回したりして眼球を動かす。眼球を動かすときはできれば指を前に動かし、その指を目で追うようにした方が大きく動かすことができる。
また、なかなか自覚されないが、目の周りの筋肉特にまぶたの筋肉も緊張していることが多い。目をギュッと閉じたり、逆に目を大きく見開いたり、交互左右にウィンクを繰り返したり、目を細めて、まゆが頬をギュッと縮めてたり、まゆを大きくしかめたりして、顔の上半分を大きく動かすと目の周りの筋肉も動き強張りをとることができる。日本人は会話の際に目の表情を読む傾向が強いので、目の周りの筋肉をほぐし、リラックした表情になることは相手への印象をよくする上で一番大事なことである。

鼻のストレッチ

手で隠しながら、豚の鼻にしたり、小鼻を指で押し潰したりする。そのほか、鼻根(眉の間の下部分)や鼻の横の部分は凝り固まっていることがあるので指でマッサージをしつつ左右に動かす。鼻周りの筋肉が凝り固まっていると素の表情に戻ったときでもしかめっ面をしているように見えてしまうので、リラックスした表情になり印象を良くするために意外と重要である。

口のストレッチ

両手で口を隠しながら顔だけでなく、首・頭の筋肉まで動かすつもりで「ア・イ・ウ・エ・オ」と口を大きくうごかしたり、顎を横にずらしたりする。噛み合わせが悪かったりすると、顔の筋肉のバランスが崩れ左右に歪んでしまう。口を大きく開ける場合には左右の開き方に意識を向ける。また、最近はストレスなどが原因で口を大きく開くことできない人が多いいという。本来、口は指を4本縦にして入るまで開くことができる。無理をしないように少しずつ大きく開けられるようにしていくべきである。
下顎は筋肉でぶら下がっているだけなので、力を抜いて下顎の重みを感じながら口を動かすと自分の顔や首がどのように緊張しているのかが自覚しやすい。 下顎の重みを感じながら、緊張を感じた部位をほぐすことはリラックスした表情になる上で一番効果が高いストレッチである。

舌のストレッチ

舌は内臓の出先機関であるので、舌のストレッチは内臓をリラックスさせ直感力を良くする。また滑舌をよくするという意味でも重要。あかんべーをする要領で舌を突き出したり、口の中で巻いたりしながら舌を大きく動かす。 また、上顎にべたーとつけた状態が本来の舌の位置である。できない人は舌の筋肉が緊張し固まってしまっている。

首のストレッチ

首の後ろが凝った状態をガンコ首と言う。肩の力が抜けず、首の後ろが凝った状態になると精神的には頑固になってしまう事からそういう。また反対に首の前部分、喉から顎にかけて凝った状態をガマン首という(グッと奥歯を噛み締めた状態になるので首の前側が緊張したままになる)。
いうまでもなく、首のストレッチはぐるぐる回したり、左右にねじったりして首の緊張をほぐす。この時、顔を動かした方向とは逆の方向に目を向けると可動域が広がる。首を右に捻ったのなら、首を右に向けたまま両目の眼球を左に動かすと、もう少し首は捻ることができリラックス効果が高い。

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △