営業職であれ支援職であれ、全のコミュニケーションは”好かれる”ことから始まる。

アプワードビズコンサルツロゴ

良い第一印象はリラックスした呼吸から

緊張をとりリラックスするには深い呼吸が必須である。 ところで普段なにげなく「呼吸」と言っているが、この言葉を不思議に思ったことはないだろうか。息を吐く・息を吸うのだから、本来は「吐吸」と表現されるはずである。 漢字の「呼」を辞書で調べると“喉を開いて、はあと大きな声を出す”とある。風呂に浸かった時に思わずハア〜と大きく息を吐く(はく)が、あれのことである。一方、吐く息と書いて「吐息」という言葉がある。辞書に“落胆したり、ほっとしたり時に思わず漏らす息、ため息”とあるように、「吐」とは短く息を吐く(つく)ことである。 したがって、「吐吸」とすると、息は短く浅いものになってしまう。息は本来ゆっくりと大きく行うモノなので、「呼吸」と表現されるようになった。緊張をとりリラックスするには「吐吸」を「呼吸」に戻さなければならない。 本来人間の体は普通に「呼吸」をしていれば、自然と体は緩み緊張が取れリラックスできている。 ところが良い第一印象を与えようとして頑張ってしまうと、緊張のため肩に力が入り、奥歯をグッと噛み締めてしまう。肩に力が入ると肩が上がり肋骨が持ち上げられて胸郭が狭くなり、また奥歯をグッと噛み締めると腹筋にもグッと力が入り緊張するので横隔膜の動きが阻害され、息は浅くなる。 息が浅くなり「吐吸」の状態になると、血液中の酸素量が減るので筋肉の動きは鈍くなり思考力も低下し、すぐに疲れるようになるので反応は鈍くなる。その結果体はガチガチに緊張し顔は強張ったまま固まってしまうのである(そしてこの状態を脱しようと努力すればするほど、さらに肩や腹筋を緊張させ息は浅くなり、表情はますます硬くなってしまう)。それで、昔から“ハイ、深呼吸!リラクスして〜。”となるわけである。 相手に良い印象を与え、“好かれる”コミュニケーションや会話をするには、よりリラックスした状態で相手に会うことが大事である。

呼吸を深くするために注意すること

お腹の力を抜く

腹筋が緩めば横隔膜が上下に動くようになるので、自然と息は深くなり緊張が取れリラックスできる。 腹式呼吸とは、横隔膜を上下に動かす呼吸のことをいう。本来は横隔膜の動きに合わせて腹腔が動くのであるが、外から見るとお腹を動かしているように見えるのでそういう。腹式には順式(吸う時はお腹が膨らみ、吐く時はお腹が凹む)や逆式(吸う時はお腹が凹み、吐く時はお腹が膨らむ)など色々な方法があるが、普段はそこまで意識する必要はなく、ただお腹の力を抜き横隔膜を大きく上下させることだけに意識を向けるだけで良い。それだけで体は十分リラックスできる。

胸式呼吸もする

胸式呼吸とは、胸で息をする、肋骨の間の筋肉を広げたり縮めたりすることで息を行うことである。深呼吸というと腹式のイメージがあるが、腕を大きく動かすことで肋骨の間の筋肉の動きを補助しているので、本来は胸式を行う運動である(同時に腹式もしているので間違ってはいないが・・)。
呼吸が浅くなる最大の原因は肩が上がり肋骨が持ち上げられて胸郭が狭くなることで胸が詰まった状態になることである。胸式は、胸郭を広げ、胸の詰まりを解消し呼吸を深くする。緊張をとりリラックスするには、腹式に加え胸式も同時に行う方が効果が高い。

肩こり・首こりの解消

息が浅くなる原因が肩に力が入ること、グッと奥歯を噛み締めることにあるので、呼吸を深めるには首や肩の緊張を取る運動(※)を普段から取り入れることはとても有効である。 運動ではないが腕のツボ押しは相手に会う前のちょっとした時間でできるリラックス法として最適である。肩こりや首こりのツボは背中や首にもあるが、腕のツボはつり革に掴まりながら通勤途中などちょっとした隙間時間にでも押せるので都合が良い。
代表的なのは曲池や手三里などがあるが、それ以外にもあり、腕のあちこちを押してみて、痛いところがあればそこはツボであるので、グリグリと押してみて肩や首の感覚が軽くなればそこは肩こり・首こり解消のツボである。
代表的な腕にある肩こり・首こり解消のツボ
※:肩こり・首こりの解消には、実は下半身の運動が有効である。俳優養成所では肩や首の緊張をとり、発声を楽にするために、ひたすら下半身の運動を行う。

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △