営業職であれ支援職であれ、全のコミュニケーションは”好かれる”ことから始まる。

大阪・京都・神戸で、人を育て売上を向上させる経営コンサルタント&ビジネスコーチングをしているアプワードビズコンサルツのロゴ

すべては“好かれる”ことから始まる

どんなに良い商品でも嫌いな人からは買いたいとは思わないし、どんなに自分にとって良い話でも嫌いな人から聞きたくない。だから、営業職であれ支援職であれ、全てのコミュニケーションや会話は“好かれる”ことから始まる。好かれるためには次の3つのスキルが必要だと考える。


相手への気遣い
“好かれる”コミュニケーションや会話をするために一番大事なことは、相手への気遣いができることだ。一方的に聞き手の都合を無視して自分の話ばかりをする話し手との会話は苦痛でしかない。こちらの話をしっかりと受け取ってももらうには、聞き手に合わした会話やコミュニケーションができる必要がある。


良い第一印象
とは言え、第一印象が悪ければこちらの話を好意的には聞いてくれない。第一印象は出会って最初の2分間で決まる。そしてその後どんなに努力して変えようとしても、変わることはない。したがって好かれるコミュニケーションや会話を行うためにはまず良い印象を与えることから始めることになる。

心理実験にわざと“冷たい男”という印象を植え付けた後に汚名返上とばかりに「真面目さ」や「勤勉さ」をアピールした場合に、評価がどのように変化するかを調べるというものである。その結果はどんなに頑張っても“冷たい男”のままで、彼の「真面目さ」「勤勉さ」に対しては、例えば「冷血なガリ勉人間」と言った評価であり、懸命にリーダーシップや判断力を発揮したとしても、「自己中」「自分勝手な仕切り屋」といったものであった。 その人の評価が変わるのは、その後の人間関係が深まり、新たな別の評価が+αとして付け加えられたからである。


会話・コミュニケーションのスキル
基本は笑顔で聞いてリアクションを返すことである。そのほかにも普段からの相手への声がけも重要になってくる。会話やコミュニケーションで一番大事なことは、“話を聞いてもらっている”という思いであるし、身近な人からの好意的な言葉掛けは心を豊かにする。
“好かれる”ためには、普段から使いこなせるよう身につけられるよう努力し続けなければならない。

このサイトは、上記3つについて、筆者が人と会い会話をする上で普段から使っているスキルについてまとめたものである。

目次

第一印象を良くするには

兎にも角にも緊張をとることが一番大事

自分を魅力的な存在としてアピールしていくには、普段からストレッチを行うなど体のメンテナンスを行う必要がある。ここでは通勤途中などちょっとした時間でできるものをチョイスした。

非言語コミュニケーションについて

メラビアンの法則でないが、会話の中では言葉よりもボディーランゲージなどの非言語コミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)を重要視している。したがって、“好かれる”には、まず姿勢、仕草、声の出し方、イントネーションなど言葉以外の部分を変えなければならない。

相手への気遣いがうまくできるようになるためは

最低限必要な会話のスキル

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △